大人のぽりぽりクラブ

contentsコンテンツ

ほろよい気分でゴクゴクぽりぽりしているときに、
のんびり眺めてください

ぽりぽりのこと神保町から美味しさ発信!ほぼ日のイベントスペース「TOBICHI」に岩塚のおせんべいが大集合!

神保町から美味しさ発信!ほぼ日のイベントスペース「TOBICHI」に岩塚のおせんべいが大集合!

マイちゃん

マイちゃん

糸井重里さんが代表を務める「ほぼ日」が運営する「TOBICHI(どびち)」(東京・神保町)では、ほぼ日のウェブサイトで販売している商品が購入できるほか、展示やイベントも随時開催しています。
2022年4月2日〜10日には岩塚製菓の大特集が組まれました!
ガンさん

ガンさん

なんとイベントスペースを丸々全部使って、岩塚製菓や岩塚の商品を紹介してくれたんだよねぇ!イベント名は「岩塚製菓のおいしいおやつ特集 おせんべい、食べたい!」。会場には岩塚製菓とグループ会社の商品が並びました!
マイちゃん

マイちゃん

そうなんです。糸井重里さんがほぼ日刊イトイ新聞内の「今日のダーリン」で岩塚製菓の米菓を絶賛いただいたことがきっかけとなり、皆様に美味しさを知っていただく機会ができました。
ガンさん

ガンさん

なぜ、このようなイベントを開催することになったのか、担当者の大高紗耶さんにお話をうかがいました。

美味しくて良心価格の岩塚製菓を応援したかった

神保町から美味しさ発信!ほぼ日のイベントスペース「TOBICHI」に岩塚のおせんべいが大集合!

マイちゃん

マイちゃん

「TOBICHI」で大々的に岩塚製菓をご紹介していただきとてもうれしく思います。このようなイベントを企画された理由を教えてください。
大高さん

大高さん

きっかけは、昨年春に糸井が岩塚製菓さんのおせんべいの美味しさを知ったこと。ある仕事先で「大袖振豆もち」を食べてその味に驚き、すぐに岩塚製菓さんのウェブサイトからいろんな種類のおせんべいを買って、会社にも持ってきてくれました。初めて食べた社員はその品質にびっくり。「こんなに美味しいなんて」と驚きを隠せませんでした。一方で社員のなかにはすでに岩塚製菓さんのファンだった者もいて、それぞれのおすすめも教えてもらいました。「ほぼ日」の社員は美味しいものが大好きなんです。

わたしたち「ほぼ日」は、人やものを「応援する」のが得意なんですね。原料や製法にこだわっているのに手に入れやすい価格である岩塚製菓のおせんべいは、皆さんにぜひおすすめしたい、ちゃんとご紹介したい、と思っていました。

岩塚製菓のおせんべいがたくさん並んでいるだけで特別感が出る

神保町から美味しさ発信!ほぼ日のイベントスペース「TOBICHI」に岩塚のおせんべいが大集合!

マイちゃん

マイちゃん

とはいえ、ほぼ全ての岩塚製菓の商品を取り扱っていただけるとは……正直、驚きました。
大高さん

大高さん

本当はもっとお店いっぱいにおせんべいがあふれるほど並べたかったんです!ですが、イベント期間に限りがあるなどさまざまな制約があったため、今回は壁一面にずらっと陳列しました。

岩塚製菓さんの商品をイベントで紹介するのは今回が2回目なんです。2021年の7月に開催した糸井の書籍『こどもは古くならない』の出版イベントで、他の美味しいものたちと一緒にご紹介しました。そのイベントでは、岩塚製菓さんのおせんべいは販売はせず、試食品として配布させてもらいました。岩塚製菓さんの商品はとても好評で、次の機会があれば、岩塚製菓のおいしいものを販売したいと思っていました。

なので、岩塚製菓さんだけのイベントが実現できて、とてもうれしいです。岩塚製菓さんの商品は本当にどれを食べても美味しい。商品をできるかぎり並べておくだけでとても特別感のあるイベントになると考えていました。

神保町から美味しさ発信!ほぼ日のイベントスペース「TOBICHI」に岩塚のおせんべいが大集合!

マイちゃん

マイちゃん

今回の「おせんべい、食べたい!」では、岩塚製菓の理念や素材へのこだわり、丁寧な製法についてもポスターや動画を使ってご紹介いただいています。
大高さん

大高さん

「原料よりもいいものはできない」というメッセージはとにかく大きく掲示することにしました。これさえ伝われば、岩塚製菓さんがどんな会社なのか理解していただけるだろうと思ったんです。
スペースの中央で大々的に紹介した「大袖振豆もち」は、製造工程を映した動画の上映のほか、実際の米や大豆といった原料や、加工途中の餅などの実物も展示しました。加工に使用する実際の木枠なども並べたところ、皆さん興味を持ってみてくださいました。さながらバーチャル工場見学です。

このような展示をしたのは、岩塚製菓さんの会社が大切にしていることが、「ほぼ日」と通じる面があったからです。作り手である自分たちの都合ではなく、ユーザー・お客様のためを思って商品をつくる。「ほぼ日」ではたくさんプロダクトをつくっていますが、その際には「自分たちが本当に欲しいものを作ろう」と考えて企画をしています。代表的な商品である「ほぼ日手帳」も、よりよいものになるように、手帳本体は毎年マイナーチェンジをしています。

岩塚製菓さんは、真にいい素材を使って、製法にもこだわっている。商品から「とにかく美味しいものをつくりたいんだ」という思いが伝わってきます。それでいて、価格は消費者に優しい。こんなにいいものを知ってしまったら、たくさんの人に知らせたいという気持ちになりますよ。大勢の人とこの美味しさを共有したい。岩塚製菓を知ってほしいって思ったんです。

みんなおせんべいを抱えて帰っていった

神保町から美味しさ発信!ほぼ日のイベントスペース「TOBICHI」に岩塚のおせんべいが大集合!

マイちゃん

マイちゃん

来場者の反応はいかがでしたか?
大高さん

大高さん

とてもよかったです。実は、岩塚製菓さんの商品がいいものであることは間違いないけれど少しは不安もあったんですよ。おせんべいばかりを並べる展示にどのくらいの人が来てくれるのだろうか、スーパーにも売っているものをどれくらいの人が面白がってくれるんだろうかって……。
でもそんなことは杞憂でした。イベントのスタートを目掛けて同時にたくさんのお客様が来てくださいました。
「これまでメーカー単位でおせんべいを見ることはなかったけれど、これはすごいな」
「岩塚製菓さん、知ってます!」
「会社が近いので来てみました」
などなど、いろんな方がいらっしゃいました。
「1回食べたらもっと食べたくなって、また来てしまいました」
という方もいました。

ご来場者様の多くはあれもこれもと手に取り、大抵の方は両手に抱えるようにしてレジに並んでいらっしゃいました。5〜6袋を買われる方は珍しくありません。どうしてもかさばってお帰りが大変になってしまうので、イベントの途中で「できるだけ大きなエコバッグをもってきてください」とツイートするくらいでした。

神保町から美味しさ発信!ほぼ日のイベントスペース「TOBICHI」に岩塚のおせんべいが大集合!

マイちゃん

マイちゃん

素敵なイベントを開催していただき、本当にありがとうございました。
大高さん

大高さん

こちらこそありがとうございました。岩塚製菓さんの商品を並べたことで、TOBICHIとしてもこれまでまだ出会っていなかったお客様と会うこともでき、感謝しています。岩塚製菓さんとは今後も様々な形でご一緒したいと考えています。これからもどうぞよろしくお願いします。

マイちゃん

マイちゃん

はい!よろしくお願いします!お話しいただき、ありがとうございました!
ガンさん

ガンさん

ゴールデンウィークに行われた「ほぼ日」のイベント「生活のたのしみ展2022」にも岩塚製菓グループの新潟味のれん本舗が出展したよ!こちらのレポートはまた追って公開するから、楽しみにしていてくださいね。みなさん、これからも岩塚製菓をよろしくお願いします!

TOBICHI

TOBICHI

東京都千代田区神田錦町3-18
ほぼ日神田ビル1F
11:00~19:00(不定休)
03-5422-3805
https://www.1101.com/tobichi/tokyo/index.html