大人のぽりぽりクラブ

contentsコンテンツ

ほろよい気分でゴクゴクぽりぽりしているときに、
のんびり眺めてください

ぽりぽりのこと愛されすぎて半世紀。味しらべのヒストリー

こんにちは!あたしたちは味しらべ。岩塚製菓のあのロングセラーをキャラクター化したらこんな姿になりました。
ここではあたしたちの知られざる歴史を紹介するわね。ご存じのあの味がどんな風に生まれて、どんな風にヒットしたのか、ぜひお見知りおきください。

衝撃のあまじょっぱ味

味しらべが登場したのは1976年(昭和51年)のこと。それまでソフトせんべいといえばサラダ味が主流でしたが、お口に入れるとあまじょっぱい粉がさらりと溶けるまったく新しいタイプのおせんべいとして登場しました。今では当たり前のように存在しているあまじょっぱいタイプのおせんべいですが、当時は大きな驚きとともに市場へ出ていきました。

モデルとなったのは長野県で食べられていたおやつ。岩塚製菓流にアレンジするために試行錯誤が繰り返されました。

「美味しい!」なのに売れない……

味しらべは、発売直後から高い評価をいただいていました。当時岩塚製菓では、販売促進のために営業部がキャラバンを組み全国のお祭りなどに参加していたのですが、そこで聞こえてくるのは味しらべを絶賛する声ばかり。
しかし、何かがおかしいのです。お客様は(とくに甲信地方では)「美味しい」と仰ってくださるのに、店頭ではなぜか売れない……。岩塚製菓の社員たちは、何か味わい以外に売れない理由があるはずだと考えました。
そこで目をつけたのが個包装です。当時、味しらべは大袋に入った状態で発売されていました。でもそれでは湿気りやすく、一度湿気ってしまった味しらべは表面の粉が溶け、全体がどろどろになってしまいます。その問題を解決するために岩塚製菓では、味しらべを2枚ずつ個包装することに決定。それを機に味しらべは大ヒットアイテムの道を歩み始めました。

愛されすぎて半世紀。味しらべのヒストリー

個包装になったことで、手を汚さずに食べられるようになったの。会合やパーティでも活躍できるようになったわ。コロナ禍にあってもおやつを分けやすいというお声もいただいています♪

爆発的な大ヒット。工場を増設するも、まだ生産は追いつかず

味しらべは、1978年ごろから本格的にヒットの波にのります。作っても作っても生産が追いつかず、岩塚製菓は新しい工場を2棟増築するほどの人気ぶりでした。おかげさまですっかり家庭のおやつの味として馴染み、いまでも多くの皆様に支持されるおせんべいとなりました。

岩塚製菓といえば『味しらべ』というイメージを持ってくださる方が増えたのもこのころからです。

愛されすぎて半世紀。味しらべのヒストリー

懐かしい味への変わらぬ期待

味しらべのパッケージには「青海波(せいがいは)」と呼ばれる伝統的な和の模様が用いられています。青海波は波の模様のように未来永劫幸せが続いていくことへの願いが込められた柄。味しらべもまさに末永く皆様に幸せをお届けできるアイテムとなりました。
ちなみに味しらべのパッケージは、過去数回特別バージョンでお届けしたことがあります。しかしどうやら味しらべを愛してくださる皆様は「見た目より中身」と考える方が多かったようです……。

指まで舐めちゃうあの粉の秘密

味しらべの最大の特長である、あまじょっぱいあの粉。 「魔法の粉」とも呼ばれるあの口溶けなめらかな粉はグラニュー糖やぶどう糖、粉末しょうゆなどでできています。ふわっと溶ける独特の食感はグラニュー糖の粒の細かさに由来。小さな小さな粒が舌の上で瞬時に溶けるためあのような食感が楽しめるんです。指についてしまった分はもちろん、個包装に残った分まで舐め取ってしまう方がいるほどクセになる味わいです。

美味しさの秘密を知るともっともっと食べたくなるでしょ。

醤油じゃなくちゃだめだった

味しらべはよく他社の大ヒット商品と比較されることがあります。けれど実は、味しらべとその商品では大きくコンセプトが異なります。味しらべはお米の美味しさを味わいながらあまじょっぱい味付けを楽しむおせんべい。お米の香りを引き立てることを重視しているため、お米に合う味付けしかしないのです。
岩塚製菓が吟味を重ねたうえで選択し、今も使い続けている調味料が醤油。試作過程では塩を用いたこともありましたが、ベーシックアイテムとしてお届けするためには今の味付けが一番という結論になりました。

比較されることもあるけれど、美味しさの種類が違うんです。皆様の気分にあわせて毎日のおやつを選んでくださいね。

限定品も続々登場

醤油を使ったあまじょっぱい味が魅了の味しらべではありますが、たまには冒険もしてみています。味しらべは季節ごとに期間限定でさまざまなフレーバーを発売。近年の人気フレーバーは「コーンポタージュ味」や「焼きとうもろこし味」です。香ばしいコーンの風味が軽い食感によく合います。旨塩、塩キャラメル、黒糖、コンソメ、塩レモン味なども登場しました。これからも季節に合わせて特別なフレーバーを発売していくので、見つけたらぜひお手にとってみてください。

味しらべ四季の移ろいを感じてみるのもなかなか乙なものですよ。
あたしたち味しらべのこと、よく知っていただけたでしょうか。これからもさらに長いご愛顧のほどよろしくお願いします。