大人のぽりぽりクラブ

contentsコンテンツ

ほろよい気分でゴクゴクぽりぽりしているときに、
のんびり眺めてください

ぽりぽりのこと人気作家が難題に挑む!「大人のおつまみ」シリーズをキャラクター化すると?? 第6回米菓キャラクター座談会

マイちゃん

マイちゃん

大人のぽりぽりクラブでは、岩塚製菓のアイテムにもっと親しみをもってもらうために各人気アイテムをキャラクター化しています。 キャラクターの特徴は、毎回ゲストを編集部に迎え、座談会方式で決定。
第6回は小説家の坂井希久子先生と谷津矢車先生をお迎えし、「大人のおつまみ」をキャラクター化するための話し合いを行いました。
ガンさん

ガンさん

岩塚製菓のアイテムの中ではやや異色の存在である「大人のおつまみ」。国産米を100%用いている点は他のお菓子と変わりませんが、お酒にもぴったり合うように個性的でしっかりとした味付けがされています。
ここから一体どのようなキャラクターが出来上がってくるのでしょう。さっそく見てみましょう!

完全無欠なお菓子「大人おつまみ」

人気作家が難題に挑む!「大人のおつまみ」シリーズをキャラクター化すると?? 第6回米菓キャラクター座談会

――谷津先生は2021年1月に『小説 西海屋騒動』を、坂井先生は1月に『花は散っても』(中央公論新社)、2月に『小説 品川心中』(二見書房)を刊行されたばかりです。お二人ともお忙しいところありがとうございます。まずは座談会に対する意気込みをお聞かせいただけますか?

谷津

頑張ります!

坂井

岩塚製菓のおせんべいはいつも美味しくいただいています。

谷津

大人のコメントだ……。

――せっかくですので、今回の座談会はそもそも小説家がキャラクターをどのように作っていっているのかをうかがいたいのですが……。

谷津

キャッチーなキャラクターというのはよく考えるのですが、正直、企業のイメージキャラクターといったような好感度の高いキャラクターってあんまり作ったことがないんですよ。

坂井

そうですねぇ。私もちょっとあまり人に好かれない人物というか、変なキャラクターばかり書いてきたので……。

人気作家が難題に挑む!「大人のおつまみ」シリーズをキャラクター化すると?? 第6回米菓キャラクター座談会

――なるほど、面白い物語を編んでいくためのキャラクター作りと、たくさんの人にそのものを愛してもらうためのキャラクター作りはちょっと違うのかもしれませんね。

坂井

キャラクターを考えるときは一人ひとりに欠点を作るようにしているんです。実はその欠点というのがその人物の愛すべきところになるんです。

――では「大人のおつまみ」も欠点からキャラクターを考えてみましょうか。

坂井

ないですね……。「大人のおつまみ」は欠点がないです。

谷津

そうなんですよ。びっくりするぐらい欠点がない。あるとすればお菓子にしてはチープさがなさすぎるところぐらい。でもこれってむしろいいところですよね。

坂井

味だけでなく、個包装の大きさもちょうどいい。大人の疲れを癒してくれます。

谷津

お酒に合うところもすごくいいし……。

数々の選考を勝ち抜いて残った、選ばれしフレーバーたち

――それでは欠点を探すところは諦めて、まず「大人のおつまみ」がどんなお菓子なのかを改めて確認しましょう。

編集部O

はい。2021年2月現在「大人のおつまみ」はえび黒こしょう、えびカリ、梅わさびの3種をメインで展開しています。その他にも季節限定ではゆず胡椒や塩レモンなどを発売していますよ。もともとは2003年にえび味として発売していたのですが、そこから少しずつフレーバーの変更があり現在ではこの3つの味に落ち着いています。

人気作家が難題に挑む!「大人のおつまみ」シリーズをキャラクター化すると?? 第6回米菓キャラクター座談会

編集部N

えびカリは札幌のスープカレー屋さんのオーナーシェフが監修した味付けなんです。2010年から発売しているのですが、当時は定番化している本格的なカレー味のおせんべいはほとんどありませんでした。ガラムマサラを用いたおせんべいはこれが最初かもしれませんね。

谷津

度重なる商品開発の末に生き残ったアイテムたちなんですね……。剣豪っぽさがあるな……『七人の侍』みたいだ。

坂井

強い人の集まりだね。

谷津

少年漫画的な要素がある……。

−−ピーナッツはなぜ入ることになったのですか?

編集部N

味付けが濃いので箸休め的な存在が必要だと思い、入れることにしました。

坂井

ピーナッツの量もちょうどいいですよね。

谷津

そう、多すぎても少なすぎてもだめ。配合は決まっているのですか?

編集部N

決まっているのですが……ちょっと忘れました。

坂井

きっと黄金比があるのでしょう。

谷津

秘伝とか大好き。

人気作家が難題に挑む!「大人のおつまみ」シリーズをキャラクター化すると?? 第6回米菓キャラクター座談会

編集部O

実は最近、比率が変わったんですよ。

編集部N

パック数も4袋から5袋に変更しました。そのときどきのニーズに合わせて、分量や比率は調整しています。

坂井

このサイズ感がちょうどいいんですよ。

谷津

お昼を食べて3時間くらい経ったタイミングで食べるのにいいんですよね。糖分は尽きている、でも夕飯まではもう少しっていう。

坂井

もうちょっと食べたいっていう量で終わるのがいい。

谷津

デスクワーカーの友ですよ、名アシスタントですね。

坂井

働く人のアシスタント的な立ち位置かぁ。

のど越しがいいから、夏に人気が高まる

編集部N

揚げせんべいは生地を油に落として揚げて作るのでどうしても油を多く含むことになります。けれどえび黒こしょうは低温の油でじっくり揚げるので、他の揚げせんべい類に比べて含まれる油の量が少ないんです。

人気作家が難題に挑む!「大人のおつまみ」シリーズをキャラクター化すると?? 第6回米菓キャラクター座談会

谷津

ヘルシーだ。

編集部O

炭水化物を油で揚げているのでヘルシーまでとは言い難いのですが、一応ちょっとは控えられているということで……。

坂井

揚げせんべいにしては油が控えめってことですね。

編集部N

実は「大人のおつまみ」は夏によく売れるんです。よく夏には天ぷらが売れるそうなのですが、暑くて食欲が落ちるときには油で揚げたのど越しのいいものが好まれるんです。

谷津

夏男、夏女的な存在なんですね。こんがり日焼けしたマッチョが頭をよぎる……。

――頭の中にすぐにイメージが浮かぶのですね。

谷津

こういう特徴を持つ人物なら多分こういう格好をしていて……というイメージはすぐにでてきます。

坂井

私はそんなにポーンとは出てこないなぁ。でもマッチョは他のキャラクターと合わせたときに浮きすぎてしまうかも。

実は女性好みのフレーバーが多かった!? 「大人のおつまみ」はかっこいい女性かも……

人気作家が難題に挑む!「大人のおつまみ」シリーズをキャラクター化すると?? 第6回米菓キャラクター座談会

谷津

大人感もほしいところですね。僕はなんとなく、このキャラクターは女性な気がする。具体的な根拠は薄いんだけど、フランス語などが男性名詞と女性名詞に分かれているような感覚で。

坂井

言われてみれば、えび黒こしょうも割と女性に好まれやすい味ですよね。

谷津

スープカレー屋さんに多いのも女性客でしょう。梅わさびも女性からの支持が高そう。

坂井

ゆず胡椒もそうかも。

編集部O

塩レモンやゆずポン酢も女性からの人気が高いですね。確かに女性が好きなフレーバーが多いかも。

谷津

キャラクターは女性が憧れる女性にしたらどうでしょうか。

――なるほど。では女性が憧れる女性ってどんな人でしょう。

谷津

マリー・アントワネットのように着飾った人も素敵だけれど、それらを削ぎ落として自立している女性もいいですよね。女武将の立花誾千代とか、津田梅子、樋口一葉あたりはかっこいいと思います。

編集部O

ジャンヌ・ダルクとか。

谷津

ゴディバ夫人もいいですね。

坂井

私は萬田久子さんのようになりたいんですよ。

谷津

女性のどんな生き方も肯定してくれるような姿がかっこいいですよね。

坂井

他人には干渉しすぎないような。

谷津

桃井かおりさんとか。

――マッチョの対局に来ましたね。

坂井

それだけ「大人のおつまみ」の魅力には幅があるってことです。

編集部O

これまでは「大人のおつまみ」って男性向けのアイテムだと思っていたのですが、お話をきいて確かに女性っぽいというのはわかりました。かっこいい女性、こういう大人になりたいと思える女性像ってなんだろう。

谷津

オードリー・ヘップバーンとかはどうですか。『ローマの休日』のお姫様の暴力的なまでの明るさとか。

坂井

『ローマの休日』では清楚すぎるかも。『おしゃれ泥棒』のときの方が近いんじゃない?

遊び上手な大人を表現したい

人気作家が難題に挑む!「大人のおつまみ」シリーズをキャラクター化すると?? 第6回米菓キャラクター座談会

編集部S

もう少しお酒の要素も入れていきたいところです。お酒にぴったりというのは他のアイテムとの差別化ポイントなので。あと他商品のキャラクターは割と厚着をしていることが多くて。おせんべいが冬のものだと思われないよう、今回は夏っぽさが出るといいですね。

谷津

かっこよくお酒を飲んでいる大人の姿が出せるといいですよね。

――お二人が考える大人ってなんでしょう?

坂井

難しいですね。精神的にも金銭的にも自立していて、一人で生きていけるからこそみんなでいるときに楽しめる人とか……?

谷津

一人で遊べる人間。ぽっと時間ができたときにも、その過ごし方を知っている人。映画を見たり、インターネットで楽しみを探したり、充実した一日を過ごせる人。遊び上手って言ってもいいかな。

坂井

いいこと言うね。

谷津

楽器演奏も遊び方の一つ。ちょっとできた時間にベースを弾くとか。アコースティックギターもいいけど。お酒を飲みながらギターを弾くなんて優雅かも。バーでウッドベースを弾くのもいいね。

坂井

かっこいい。所ジョージさんの女性版はどうかな、知識が多くて教養が深いから一人でいくらでも遊べちゃう。

――なるほど。その人はどんな服が似合うんでしょう。

坂井

夏っぽくするなら、ノースリーブのワンピースとか……

谷津

ユニセックスな格好もいいですよね。ノースリーブにダメージジーンズを履いて……。スキューバダイビングが好きそうだなぁ。髪は長髪かな。

坂井

きれいめなすとんとしたノースリーブがいいなぁ。髪型はゆるいウェーブのかかったちょっと明るめの髪をざっくりラフにまとめている感じ。

谷津

そうすると楽器はエレキギターやハーモニカがいいかな。

坂井

ハーモニカじゃ小さくてわかりにくいよ。

谷津

アコーディオンとかサックスもいい。

坂井

酒と合うのはサックスですね。

――そのあたりの楽器だと家ではできませんね。

坂井

じゃあ公園で飲みながら演奏しているということで。

谷津

一人遊びの最終形態だ……。

坂井

じゃあアコギギターの方がいいかな。

荷物は? 足元は? できてきた遊び上手な女性像

人気作家が難題に挑む!「大人のおつまみ」シリーズをキャラクター化すると?? 第6回米菓キャラクター座談会

編集部O

これまでのキャラクターはぱっと見てなんのキャラクターかわかるような見た目だったので、もうちょっと商品の特徴を入れたいです。

谷津

Tシャツにピーナッツをデザインする。ださTシャツはいいと思うんですよね。落花生って独特のかわいさがありますし。

――顔立ちはどうしますか?

谷津

けばくなくてシュッとした感じ。

―― 足元は?

坂井

サンダル?

谷津

僕はごつい靴をイメージしていた。どんな悪路もいけちゃうような。

坂井

スニーカーだとカジュアル過ぎると思う。軽やかさもほしい。

谷津

たしかにサンダルの方が足の先まで気を抜いていない強さを感じられるかもしれないですね。

――荷物はどうしましょう?

谷津

軽装であってほしい。

坂井

斜めがけの小さいバッグぐらいは持っていてもいいかも

――わかりやすいように、それを「大人のおつまみ」のパッケージにしましょうか。かなり具体的なイメージが出来上がりましたね。それではこれをイラスト化しましょう。みなさんありがとうございました。

協力:坂井希久子(さかいきくこ)

2008年「男と女の腹の蟲」で第88回オール讀物新人賞を受賞しデビュー。当時は現代を舞台にした小説が中心だったが、2016年ごろから歴史小説を執筆し「居酒屋ぜんや」シリーズが大ヒット。最新作は『花は散っても』(中央公論新社) Twitter:@kiku_sakai

協力:谷津矢車(やつやぐるま)

2012年『蒲生の記』で第18回歴史群像大賞優秀賞受賞。2013年『洛中洛外画狂伝 狩野永徳』(学研パブリッシング)でデビュー。本屋が選ぶ時代小説大賞候補に過去5回選ばれている。最新作は『小説 西海屋騒動』(二見書房)。 Twitter:@yatsuyaguruma