大人のぽりぽりクラブ

contentsコンテンツ

ほろよい気分でゴクゴクぽりぽりしているときに、
のんびり眺めてください

ぽりぽりのこと発売されたフレーバーは70種類以上!? 変幻自在なお米のスナック「ふわっと」をキャラクターにすると? 第4回米菓キャラクター座談会

マイちゃん

マイちゃん

大人のぽりぽりクラブでは、岩塚製菓のアイテムにもっと親しみをもってもらうために各人気アイテムをキャラクター化しています。キャラクターの特徴は、毎回ゲストを編集部に迎え座談会方式で決定。
話しあった内容を基にイラストレーターの経 真珠美さんにキャラクターを描き起こしてもらっています。
第4回のゲストは落語家の三遊亭楽天さん。噺家の口からはどんな話題が飛び出すのでしょう。
ガンさん

ガンさん

今回は「ふわっと」をテーマに話し合ってもらいます。岩塚製菓のラインナップの中で最も変わり種であるこのアイテムはどのようなキャラクターになるのでしょう。
今回は編集部に開発担当のFが加わりました。これまで公開してこなかった開発秘話も聞いてしまいますよ!

実は約20年も売れ続けている、スナック感覚で食べられるおせんべい「ふわっと」

——三遊亭楽天さん、まずは自己紹介をお願いします。

三遊亭楽天

はい、五代目円楽一門会の三遊亭楽天でございます。どうぞよろしくお願いします。

発売されたフレーバーは70種類以上!? 変幻自在なお米のスナック「ふわっと」をキャラクターにすると? 第4回米菓キャラクター座談会

——よろしくお願いします。では、開発担当の編集部Fよりまずは「ふわっと」の商品説明をさせていただきますね。

編集部F

はい。「ふわっと」は比較的新しい商品というイメージがあるかもしれませんが、実は発売から20年ほど経過しているアイテムなんです。初代の「ふわっと」は私が入社1年目のときに開発に携わりました。
開発のきっかけは、若い人にももっとおせんべいをお召し上がりいただきたいと考えたこと。スナック感覚で食べられるアイテムを作ろうとしたんです。もともと岩塚製菓は別ブランドの瑞花(ずいか)で「うす揚」という「ふわっと」によく似た商品を売っていたのですが、瑞花は一部の店舗でしか取り扱いのないブランドでしたので皆様により手にとっていただきやすい商品を売り出すべく「ふわっと」を誕生させました。

編集部O

スナックってどうしてもお子様のおやつには敬遠してしまうご家庭もあると思うんです。けれど、お米のスナックであれば健康志向の方にも受け入れていただけるのではないかと考えたことも開発を後押ししました。
「ふわっと」はご家族皆様でお楽しみいただけるお菓子です。うちの家族なんかは家のお菓子箱に常にストックがありますよ。ドライブで家族旅行に出かけるときには一人につき一袋買っていきます。抱え込んで食べてしまうくらい美味しいので。往路で食べきってしまった場合には復路で買い足すこともあります(笑)

発売されたフレーバーは70種類以上!? 変幻自在なお米のスナック「ふわっと」をキャラクターにすると? 第4回米菓キャラクター座談会

期間限定商品「ふわっとぷらす」。通常のよりも大判のふわっとをお楽しみいただけます。

三遊亭楽天

本当に軽い口当たりで食べやすく、ついつい食べすぎてしまうくらいですね。我が家でも妻と2人でパクパク食べてしまいました。

――岩塚製菓の米菓にはどの商品にも「国産米100%使用」と書いてありますが、「ふわっと」には「新潟県産米100%」と書いてありますね。

編集部F

「ふわっと」にはより粒度の細かい特殊な米を用いる必要があったんです。他の米ではあの食感は出せないんですよ。

編集部O

「ふわっと」はその粒度の細かい生地の中にフレーバーの材料を練り込んで作ります。えび味はえびを、枝豆味は枝豆をそれぞれ米の生地に練り込んでいるんですよ。

食べ飽きず、様々なフレーバーとマッチする「ふわっと」

――楽天さん、「ふわっと」の概要を聞いて思い浮かぶ噺や登場人物はいますか?

三遊亭楽天

「ふわっと」には「饅頭こわい」や「時そば」といったみんなが知っている題目のような親しみやすさがあると感じました。人物に例えるのは難しいですね。落語に登場するキャラクターは間が抜けていることが多いので「ふわっと」のイメージには合わなさそうです。

編集部O

私が考える「ふわっと」のキャラクターのイメージは女性ですね。もともと若い女性にももっとおせんべいを召し上がっていただきたいという思いから開発にいたったという側面もあります。
実は「ふわっと」には長年愛らしいキャラクターが用いられていたのですが、「おつまみにしたいのに買いづらい」という男性の皆様の声を聞きあえなくお別れとなった経緯があるんですよ。

――キャラクターに使えそうなモチーフは何か思い浮かびますか?

編集部O

すぐにふわっと溶けてなくなってしまうので、雪や桜といった儚いイメージが浮かびます。

三遊亭楽天

冬季や春季限定のアイテムであればそれでもよさそうですね。

編集部O

そういえば夏季限定で花火パッケージを出しているんですよ。長岡市は花火で有名なんです。もしかしたらそれが使えるかもしれませんね。

――フレーバー面からも少し考えてみましょうか。「ふわっと」のフレーバーは最初から今と同じ「えび味」と「枝豆味」なのですか?

編集部F

最初に売り出したフレーバーはえび味と青のり味です。枝豆味は「ふわっと」発売開始から10年くらい経ってから発売スタートしました。

編集部O

「ふわっと」も岩塚製菓の他のアイテム同様、お米が持つ味わいを大切に仕上げているんです。だからお米を毎日食べても飽きないように「ふわっと」にも飽きがこないうえ、いろいろなフレーバーとマッチするんですよ。 例えば、今(2020年7月現在)発売している変わり種フレーバーには「はちみつバター味」があります。

編集部S

ブラックペッパー味もありますよね。

発売されたフレーバーは70種類以上!? 変幻自在なお米のスナック「ふわっと」をキャラクターにすると? 第4回米菓キャラクター座談会

編集部F

そうなんです。実は「ふわっと」はお取り扱い店舗店ごとに様々なフレーバーを開発・発売しているんです。これまでに発売したフレーバー数は70〜80ぐらい。岩塚製菓の製品の中では最もフレーバーの種類が多いアイテムなんです

編集部O

おとなのおつまみシリーズも豊富なラインナップを展開してきましたが「ふわっと」のはフレーバー数はダントツです。

――他にどのようなフレーバーを展開してきたのでしょうか。

編集部O

あぶりあたりめ味はとてもおいしかったです。生地の中にスルメと一味とマヨネーズが練り込んであったんですよ。でも再販はないですね。

編集部F

作るのがあまりに大変だったんです。

三遊亭楽天

おつまみ需要がありそうですね。

編集部N

僕は焦がし醤油味が好きでした。

発売されたフレーバーは70種類以上!? 変幻自在なお米のスナック「ふわっと」をキャラクターにすると? 第4回米菓キャラクター座談会

三遊亭楽天

美味しそうですね。
他に変わったものだと桜餅味なんかもできそうですね。

編集部O

惜しい!桜味なら販売したことがあります。結構美味しかったですよ。

編集部F

あと過去には桃味を発売したことがあります。ひな祭り需要を見込んだのですが全く売れず、当時はヘコみました。 今ようやく笑って話せるようになりましたが(笑)

編集部O

過去には女子中学生とコラボして、トリプルペッパー味、トマトバジル味、ハニーアップルシナモン味、抹茶塩、おにぎり味としてのツナマヨなんかも発売しました。「ふわっと」は洋風の味にも和風の味にもよく合うんです。

変幻自在な「ふわっと」にはどんなモチーフが合う?

三遊亭楽天

変幻自在なアイテムなんですね。それを聞いて思い浮かぶモチーフといえば……忍者でしょうか。

編集部O

姿を変えられるという点ではぴったりでしょうね。

三遊亭楽天

生き物で言うとタコなんかはどうですか。たこは海の忍者と言われているんです。

——タコだとタコ味のスナックを思い浮かべてしまうかもしれませんね……。

三遊亭楽天

あとはやっぱりタヌキやキツネでしょうか。昼間に助けられたタヌキが何かに化ける話として「狸札」や「狸賽」「狸鯉」といった落語がありますよ。

発売されたフレーバーは70種類以上!? 変幻自在なお米のスナック「ふわっと」をキャラクターにすると? 第4回米菓キャラクター座談会

編集部F

絵描きさんなんかはどうでしょうか。カラフルな絵の具が変自由自在な感じを表せると思います。

三遊亭楽天

魔法使いはどうでしょうね。日本的にすると陰陽師でしょうか。

編集部S

マジシャンはどうですか?

――どれも悪くないですが、なかなか決めてに欠けますね……。さらに少し角度を変えてみましょう。「ふわっと」が製造されるときのように何かパッと広がるものといえば何が思い浮かびますか?

編集部O

やっぱり花火ですね。でも花火それ自体はキャラクターにできません。というのも長岡市のキャラクターが花火なんですよ。
あっ、花咲か爺さんはどうでしょうか。お米をまくと「ふわっと」になるというような。

編集部F

いいかもしれません!

編集部O

生地を下に撒くと「ふわっと」になり、上に撒くと花火になってみんなを喜ばせることができるといったような……。
若者の気持ちもよくわかってくれるお爺さんがいいですね。インスタグラムをやっているとか(笑)

三遊亭楽天

衣服は下は茶色、上は桜色にすると花咲か爺さんのイメージがよく出ますよね。
「ふわっと」でみんなを幸せにする存在。うん、いいキャラクターになりそうですね。

発売されたフレーバーは70種類以上!? 変幻自在なお米のスナック「ふわっと」をキャラクターにすると? 第4回米菓キャラクター座談会

――では決定ですね。「ふわっと」や花火を出してみんなを喜ばせる花咲か爺さんをキャラクターにしましょう。イラストは今秋には発表できると思います。楽しみにしていてください。

マイちゃん

マイちゃん

みなさん、おつかれさまでした。
「ふわっと」があまりにも変幻自在であるためやや迷走ぎみとなった今回の座談会ですが、良い案に落ち着きましたね。仕上がりを楽しみに待ちましょう!

協力:三遊亭楽天

五代目圓楽一門会所属の噺家。階級は二ツ目。入門前はダンサー、ダンスインストラクター、振付師として活動。幼少の頃より落語を好み、ダンサー時分も寄席通いをしていた。東日本大震災に遭い「今まで海外の文化を担ってきたが、日本の文化を担って生きていきたい」と思うようになり、噺家を志し六代目三遊亭円楽に入門。ゲーム好きが高じ、ゲームを題材とした改作落語の口演を行ったり、専門誌に連載を持つ。